ヘアケアにおけるシャンプーとブラシ

ヘアケアというと、特別なものを使うと思いがちですが、シャンプーやブラシ等の普段からよく使うものも重要です。

シャンプーをする主な目的は、日常生活でたまってしまう汚れを落とすことですが、シャンプーには他にも重要な役割を果たしています。
シャンプーはただ皮脂や垢を落とすだけでなく、髪のダメージになる成分を除去したり、髪の毛に必要なたんぱく質が流れ出してしまうのを防いだりするヘアケア効果があります。

選び方としては、有名であったり、評判がよかったりという基準ではなく、自分の髪の毛にあっているかどうかということが最も大切になってきます。




自分の髪質にあったものを選べば、健やかな髪の毛を保つことができます。


また、ヘアケアの一環として、ブラシでの髪の毛のブラッシングが挙げられます。



ブラッシングは頭皮を刺激して血流を良くしたり、つやのある髪にしたりするのに効果が有ります。

また、髪を洗う前に軽くブラッシングをすることで、かなりの汚れが落とせます。


髪の毛のほつれもとれるのでその後のシャンプーのときに泡立ちが良くなり、短時間で効率的に髪の毛の汚れが取れるようになるというメリットもあります。



使用するものは、硬いものだと頭皮を傷つけてしまうので柔らかい毛の商品が良いとされています。


例えば、豚毛、猪毛、木製の商品が適しています。



また、静電気の起きにくいもの、目の細かすぎないものは髪の毛にダメージをあまり与えないので髪の毛に優しいです。