libgdxを使ったiPhoneアプリの制作手順

iPhoneアプリは審査がとても厳しいのですがサードパーティ製の開発環境でも多くが審査を通る用になっています。
サードパーティ製のアプリ開発環境として注目されているのがlibgdxです。libgdxはオープンソースであり、バージョンアップがとても早いのが特徴です。

また、AndroidやPC向けなどマルチプラットフォーム対応の開発環境としても人気があります。
iPhoneの開発環境としてはXcodeがありますが、Xcodeのような統合環境ではないので注意が必要です。

自分に合ったiPhone6sの予約の知識が一目瞭然です。

libgdxでの開発工程としてはテンプレート作成機能を使ってEclipseやNetbeans用のひな形を作成します。

作成されたひな形をEclipseやNetbeansでインポートして開発がスタートします。

ソフトバンクの機種変更に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ソースコードはJavaで書きますのでさまざまなテスト環境がそのまま利用可能です。


libgdxで書かれたソースはライブラリと合わせられ、対象となるハードウエアに向けてビルドされます。

iPhone用のアプリビルドについてはアップル社から証明書などを取得すればビルド時にXcodeが自動で呼ばれて最終あぷりとしてビルドされます。

AndroidやPC向けの場合はそのままビルドが行なわれます。

1つのソースコードから複数の環境に同時にビルドもできるので大変好評です。

テスト時にはHTML5用としてビルドすればWEB上で動作を見ることも可能となっています。